Coco壱番屋のカレーの味は、家庭に近い味

Coco壱番屋(ココイチ)は、愛知県一宮市に本社を構える、カレーライスのチェーン店だ。

 

カレーライスのチェーン店としては、1,000店舗以上あり、もちろん日本一のカレー専門チェーン店だ。

 

ココイチのカレーライスは、ある意味、ありきたりのポークカレーの味だが、これはハウス食品のカレー粉を使っているというのが大きな理由らしい。

 

もともと創業者は喫茶店を経営しており、そこでカレーを作って出していたのが評判になり、カレー専門店を開くことにした。

 

そのとき、オリジナルのスパイスを選ぶのではなく、大手メーカーのカレー粉を試して、そのなかで一番自分たちの望む味を選んだ結果、ハウス食品のカレー粉を使うことになったらしい。

 

つまり、家庭で作るカレーに近い味になってるわけだね。

 

スパイスのきいたカレー専門店も、世の中にはたくさんあるわけだが、チェーン展開をするには、既にカレー粉を扱っている食品メーカーを利用する方が得策だという判断らしい。

 

トッピングや辛さの量が自由に選べるため、お客さんは、自分好みのカレーを作ることが出来るから、特別感はあるし。

 

こういうのは、天下一品ラーメンとか、どうとんぼり神座とも、似たような部分があるね。

 

Coco壱番屋 神奈川県の店舗の地図

Coco壱番屋(愛知県) 神奈川県のお店
※地図データ(C)Google,ZENRIN
※Googleマップで見る→Coco壱番屋 神奈川県内のお店

 

ココイチは、全国に1,000以上あるので、沿線には必ずココイチがあると思って良いくらい、あちこちにある。

 

基本的に家庭的な店作りをしているため、マンガや雑誌などもあったりする。

 

あんまり回転率を上げようという雰囲気は少ないかもね。

 

もちろんお店によるんだろうけど。


 

Coco壱番屋 神奈川県の店舗の地図2

Coco壱番屋(愛知県) 神奈川県のお店
※地図データ(C)Google,ZENRIN
※Googleマップで見る→Coco壱番屋 神奈川県内のお店

 

 

Coco壱番屋 基本情報

店名 Coco壱番屋(ここ いちばんや)
本拠地 愛知県一宮市
Coco壱番屋 特徴 豊富なトッピングメニュー、ライスの量と辛さが選べる。辛さは甘口・普通・1辛・2辛・3辛・4辛・5辛から選べる。ライスの量は、基本が300グラムで、100グラム単位で増やすことが出来る。「ブルームシステム(のれん分け)」で、社員がフランチャイズ店を経営することを後押ししており、一定の期間ココイチで働いた後、独立することも可能。
おもな関東の店舗の所在地と店舗数 東京()、神奈川()、千葉()、埼玉()、他
Coco壱番屋 ホームページ Coco壱番屋 ホームページ
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加


京都の逸品 お取り寄せ

JTBのお取り寄せ

HIS 世界のお土産