Coco壱番屋 

Coco壱番屋(ここ いちばんや)は、愛知県一宮市に本社を構えるカレー専門チェーン店だ。

 

1974年(昭和49年)に、喫茶店をオープンさせた創業者が、カレーが好評なのをヒントにして、カレー専門店を開いた。

 

それから早40年以上が経つが、全国でおよそ1,000店舗を持つまでの大チェーン店になった。

 

この成功には、当初からハウス食品からカレー粉の供給を受けられたのも大きい。

 

これがチェーン展開に非常に好都合だったらしい。

 

というのも、カレー専門店というと、どうしてもオリジナルのスパイス配合で、本格的なカレーを作ろうとするところが多い。

 

ところがそうすると、店舗数が多くなるにつれ、スパイスの調達が難しくなるというのだ。

 

カレーのスパイスというのは、インドなどの熱帯・亜熱帯の植物から作るので、どうしても海外から輸入しないといけないが、数十店舗分のスパイスを調達するルートを作るのは、そう簡単な話ではない。

 

そこでココイチはスパイスにこだわらず、既にカレールウを販売していた食品メーカーから買うことにしたわけだね。

 

元々、喫茶店のカレーからスタートしているし、すでに国民に受け入れられている味をベースにしたってことだろう。

 

ココイチには、豊富なトッピングメニューで、自分好みのカレーを作れるという自由度の大きさがあるので、ベースは普通のカレーで十分だったと言うことらしい。

 

Coco壱番屋 埼玉県の店舗の地図

Coco壱番屋(愛知県) 千葉・埼玉のお店
※地図データ(C)Google,ZENRIN
※Googleマップで見る→Coco壱番屋 埼玉県内のお店

 

そしてココイチの成功のもう一つは、ブルームシステムと呼ばれる、お店の経営者の育成システムにある。

 

ブルームシステムというのは、従業員の独立を支援するシステムで、お店で一定の年月働いてスキルを上げれば、お店を持たせてもらえるというシステムだ。


フランチャイズ展開をするのではなくて、独立したい従業員や、店長の能力がある従業員に店舗経営などを学ばせ、ドンドン従業員を独立させて店舗を増やしていった。

 

ほとんどロイヤリティがないため、言わば現代版「のれん分け」だ。

 

給料を上げたければ、自分で店を持って稼げば良いということで、どんどん店が増えたと言うことらしい。

 

Coco壱番屋 千葉県の店舗の地図

Coco壱番屋(愛知県) 千葉・埼玉のお店
※地図データ(C)Google,ZENRIN
※Googleマップで見る→Coco壱番屋 千葉県内のお店

 

 

 

Coco壱番屋 基本情報

店名 Coco壱番屋(ここ いちばんや)
本拠地 愛知県一宮市
Coco壱番屋 特徴 豊富なトッピングメニュー、ライスの量と辛さが選べる。辛さは甘口・普通・1辛・2辛・3辛・4辛・5辛から選べる。ライスの量は、基本が300グラムで、100グラム単位で増やすことが出来る。「ブルームシステム(のれん分け)」で、社員がフランチャイズ店を経営することを後押ししており、一定の期間ココイチで働いた後、独立することも可能。
おもな関東の店舗の所在地と店舗数 東京()、神奈川()、千葉()、埼玉()、他
Coco壱番屋 ホームページ Coco壱番屋 ホームページ
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加


京都の逸品 お取り寄せ

JTBのお取り寄せ

HIS 世界のお土産