千代田線・南北線・東西線

千代田線・南北線・東西線

千代田線は、通勤路線

関西人のための東京地下鉄ガイド、次は「千代田線」(ちよだせん)だ。

 

千代田線は、銀座線・丸ノ内線・日比谷線などの混雑解消のために、新たに造られた通勤路線の一つだ。

 

そのため、既存の路線と似たような経路で、同じような停車駅を通るので、あまり説明は要らないかもしれない。

 

西半分は東西に走っていて、代々木上原駅で小田急線に接続し、多摩・神奈川方面から霞ヶ関・大手町へ人を運ぶ。

 

東半分は南北に走っていて、綾瀬駅では常磐線に接続し、千葉・茨城方面からの通勤客を、大手町や霞ヶ関に送り込んでいる。

 

日比谷線や銀座線より早く着くので人気が高く、千代田線は最も混む路線として知られ、混雑率が200%を越える時代もあった。

 

現在は、東武伊勢崎線が日比谷線乗り入れに加えて、半蔵門線にも乗り入れを開始して便数を増やしたり、つくばエクスプレスという、秋葉原−茨城県つくば間の路線ができ、千葉・茨城方面からの乗客の経路に選択肢が増えたため、千代田線の鉄道混雑率も170%程度まで下がってきた。

 

まあそれでもかなり混んでいる状態だが。

 

千代田線 路線図

スポンサードリンク

南北線と東西線

東京メトロ南北線は、その名の通り、南北に走る路線だ。

 

北は赤羽岩淵駅で、埼玉高速鉄道に接続し、浦和美園駅まで直通運転が行われている。

 

南は目黒駅から東急目黒線に接続して、日吉(ひよし)駅まで直通運転を行っている。

 

車両編成は8両編成を予定していたが、需要がもう一つ無く、現在は6両編成で運用されている。

 

東京・丸の内・大手町も、渋谷や新宿も通らないから、通勤路線としてはちょっと使いにくいのかな?

東西線

東西線は、読んで字のごとく、東西に走る路線だ。

 

東の終点(西船橋)も西の終点(中野)も、中央・総武線(各停)に接続しており、中央・総武線のバイパス路線になっているが、実は両方とも激混み路線になっている。

 

また中野と西船橋からJR線に乗り入れを行っているため、改札を通らずに乗り継ぎできるので、メトロ線がただ乗りされるという問題も起こっており、ちょっといろいろ問題がある路線だ。

 

やっぱ、大手町を通る路線は、混むね。

 

東西線 路線図

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加